FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ZOO」と「ハプニング男」

 

 

 

こんばんは。

 

 

「行ったことのないお店へ、スマホの『マップ』アプリの誘導の元、その声の指示に従って車を運転していったら、『一面の田んぼを見渡す空き地』へ連れてかれた」、「O.K.」です。

 

 

ちゃんと、住所で検索したのですが、まんまと、してやられました。(その後は、電話でお店の方に誘導してもらった。)

 

 

ついでに言えば、「ルート検索」は出来るけど、「どの道は車が渋滞するので、時間がかかる」とかは無視、最短距離で、「有料道路」を指示したりとか、長距離だと、「筐体がだんだん白熱してくる(?!)」という、ステキ・アプリです。

 

 

「かじりかけ・リンゴ」さん、これ、何とか、ならんもんでしょうか。

 

 

あ、面倒がらず、フツーに、地図見ればいいのか(^^ゞ

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ *☆*:;;;:*☆*:;;;:゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

 

改めまして、こんばんは。ヒマだったので、「アブラナの種」を収穫した、「O.K.」です。

 

 

何故か、訳あって、「動物園」に、行くことになりました。(子供の頃より行ってるかも)

 

 

と、言っても、そう頻繁に、動物たちの「入れ替え」や、「総選挙」や、「卒業」があるわけでもなく、夜行性のため、昼間は、でろーん、と寝そべっている動物たちを、眺めてきました。

 

 

なのですが、柵越しに見ていると、一頭の「カピバラ」が近づいてきたため、内心、(撫でてもいい?)、と尋ねたところ、差し出した指を、何を思ったか、むしゃむしゃと頬張られてしまいました。(歯が、しっかり固くて丈夫だった。けっこう、イタかったです)

 

 

「O.K.」、わりと、衝撃的な、「カピバラ・デビュー」をかざりました。(えさをくれると思ったのだろうか? 客があげるの、基本的に禁止なんだが)

 

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*☆*:;;;:*☆*:;;;:

 

 

んで、ふと、フラッシュバックのように思い出したのが、高校の頃、クラスの友人たちと、この動物園に遊びに来たときのことです。

 

 

「ゴリラ」のいるペースがあり、頑丈な柵で仕切られていたのですが、この機会に、僕は、「じ~っ」と、「ゴリラ」を観察していました。

 

 

すると、「ゴリラ」が、檻の中でウロウロ歩き回って、なんだかイライラし始め、超メジャー級の、ものすごいパワーとスピードで、リンゴを柵越しに投げつけてきました。

 

 

それは、柵に当たって、散弾銃のように、木っ端みじんに粉砕し、リンゴの汁と破片が、ものの見事に、僕のとなりにいた、「友人A」に直撃しました。

 

 

リンゴ果汁100%でぐしょ濡れになった顔や制服を、「何で、オレが・・・・・・」と、慌ててハンカチで拭う友人Aの横で、僕は、腹抱えて大爆笑していたのですが、「ゴリラ」の凄まじい腕力に、改めて驚きました。

 

 

(*注:動物の目を、じーっと直視するのは、止めましょう。人間同士でも、いわゆる「*ンを付けた」って言葉があるみたいに、動物にとっても、愉快なことではないみたいです(^^ゞ)

 

 

で、この友人Aなのですが、「この男がいると、何故か、『面白イベント』が発生する」、という、不思議人間であり、「次は、ジェットコースターに、乗ろう」、という流れで、僕は、たまたまなのですが、並び順で、その友人の隣りに座ることになりました。

 

 

ゴトン、ゴトン、と、レールをゆっくり動き出す「ジェットコースター」。しかし、肝心の、体をシートに固定する「安全ベルト」が、ない。

 

 

焦った僕は、「おい、安全ベルトどこにある?!」、と、そいつに尋ねたところ、何故か、その男、自信満々・冷静沈着に、

 

 

「そんなの、ない!」

 

 

と、のたまりやがりました。

 

 

「んなわけあるか!!!」、と、スピードを徐々に増す、コースターの中を必死に探す僕。「安全ベルト」は、余裕しゃくしゃくな(その「余裕」は、どっから来るのか)、友人Aの、座ってるシートの尻の下にありました。

 

 

素早く、自力で二人分のベルトを固定し、事なきを得ましたが、下手すりゃ、翌日の新聞の三面記事を賑わすところでした。「動物園に遊びに来ていた男子高校生二名、安全ベルトを締めず、ジェットコースターから飛び出し、プールに着水」、とか何とか。

 

 

(*注:ジェットコースターには、「安全ベルト」が必ずあります。「ない!」とか、自信満々に言う奴のことは信用しないで、ちゃんとベルトを締めましょう。)

 

 

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚**☆*:;;;:*☆*:;;;:゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ *☆*:;;;:*☆*:;;;:

 

 

どうでもいいですが、この友人A、休み時間に、教室のある2F廊下の窓際で、サッシに肘着いてだべっていたところ、何故か、かけている眼鏡を窓から落下させ、大慌てするなど、この手のエピソードには事欠かない男で、

 

 

「お前は、『リアル・の*太』か!!!」

 

 

と、評されるほどの、愛すべきキャラの持ち主でした。(他にも、ホントにマンガでしかあり得ないような出来事が発生する。部活が同じだったので、かなり楽しませてもらった・・・・・・というか、その部、そういう連中の集まりだった。僕もかもしれないが(^^ゞ)

 

 

何故、高校の頃、スペインの「闘牛」とか、「牛追い祭り」の事を知らず、彼をその地へ送り出してやれなかったのか、非常に悔やまれます。彼なら、おそらく、常人の思いもつかないような、天啓に満ちたエピソードを残していてくれたことでしょう。

 

 

あれ? 「ZOO」に行ってきた話が、いつの間にか、高校の頃の思い出話になってしまいました。

 

まあ、いいか(^^ゞ

 

 

「友人A」、今頃、どっかで元気に暮らしてるかな。毎日がハプニングの連続で、家族は、笑ったり怒ったり大変だろうけど。(しっかり者には、なるだろう(^^ゞ)

 

 

ま、そういうのも「幸せ」っていうのかもしれないですね。(良く分からないけど、でっかい「くくり」で(^^ゞ)

 

 

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*☆*:;;;:*☆*:;;;:☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ *☆*:;;;:*☆*:;;;:

 

 

そんなわけで、夜も更けて参りました。

 

 

明日は、気が向いたら、「ヨロイ」を観に行こうかなと思っています。

 

 

それでは、皆さん、お休みなさい。

 

 

「O.K.」でした。

 

 

そいぎんた!

 

 

 

 

*ランキングに参加しています。ご協力をお願いします。(*^_^*)

下矢印


散文 ブログランキングへ

下矢印

人気ブログランキングへ

 

 

おまけ

 

 

この写真の中に、何羽の「フラミンゴ」がいるでしょう?

 

 

スポンサーサイト

コメント

1. フラミンゴショー

答えは、「約70羽」です。

飼育員のお姉さん、二人の先導による、華麗な「フラミンゴショー」が、一日二回ほど行われ、その一羽みだれぬ、サーモンピンクの舞は、けっこう、感動的です。

(僕が、家族と観に行ったときは、フラミンゴたちの足並み?がそろわず、もっぺんやり直しでしたが、それも「ご愛敬」(^^ゞ)

飼育員のお姉さん方と、約70羽のフラミンゴたちに、拍手を送りたいです(*^_^*)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

okamikazuchi

Author:okamikazuchi
FC2ブログへようこそ!

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。