FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒナータフ通信#54 「謎の長靴」 ...

ヒナータフ通信#54 「謎の長靴」 さんぽ………もとい、「フィールドワーク」の途中で、子供用とおぼしき、「長靴」を発見した。 ふと、立ち止まって、あごに指を当てる。周囲に人影はない。一体、誰が、なぜ、こんなあぜ道に、長靴を放置したのか? 私の、「薔薇色の脳細胞」(見たことないが、多分、そう。)が、うぃんうぃん、音をたてて、回転し始める。実際に回転すると、たいへん危険なため、ただの例えである。 ①サイズは、目測で、10数センチ。おそらく、幼稚園・年少〜年中さんの履き物。持ち主は、3〜4歳位と推測される。ところで、「幼保連携」の施策は、その後、進展があったのだろうか。全く関係ないが。 ②デザインは、黄色地に、木の葉をあしらったもの。かなり状態が良い為、母親が、今春のバーゲンで購入し、価格は、980円相当と弾き出す…………が、このデザインをもって、「男の子用」と決めつけるのは、早計である。なぜなら………… ③靴が、きちんと揃えられ過ぎている。男の子は、たいてい、野放図に脱ぎ散らかし、例え叱られて揃えても、そこには、無言の反抗と葛藤の痕跡が残るからである。したがって………… ④この靴の持ち主は、女の子、それも、律儀で綺麗な靴の揃え方から、名前は、「律子(仮名)」さん、もしくは、「麗子(仮名)」さんである可能性が高い。少なくとも、私なら、逆算して、誕生時に、そう命名する。(ほぼ不可能だが。) ⑤最重要ポイント。靴は、道の方ではなく、草むらの方に向けて、並んでいる。「律子(仮名)」さん説が正しければ、自宅における、「玄関」の方、つまり、道の方へと、彼女は移動したのだろう。 ⑥で、この靴を履くような子、しかも、そんな律儀な子が、一人で遊びに飛び出す訳は無く、必ず、両親のどちらか、あるいは両方と一緒に来ているはず。 ⑦更に、道の反対側には、ダンボール草スキーには、絶好の、なだらかな草の斜面がある。靴を履けば安全だが、足裏で草むらを堪能するには、物足りない。 🔷結論→その子は、親と、草スキーに来た。その際、お気に入りの、母親に買ってもらった長靴を汚さない為、律儀に、きちんと並べて置いた。今頃、その子は、親と仲よく、「草スキー」に興じているのであろう…………。 🔵私は、完璧すぎる推理に満足し、フゥ、と、青空を見上げた。流れる雲を眺めつつ、何故、「インター・ポーレル」や、「ピンカーント」のスカウトがかからないのだろう? と、ぼんやり思った。 と、何か、騒がしい声に、私は振り返る。 そこには、捕まった「遠い空から来た人」よろしく、母親に腕を引っ掴まれてぶら下がり、暴れるのをあきらめた風情の、はだしの小さな男の子が、道を引きずられてくる姿が。どうやら、脱走したかなんかで、親に強制連行されているようだ。なるほど、靴を揃えたのは、お母さんなのか。この昨今、長靴の側で、推理を巡らせていました、なんて、のどかな言い訳、通用する訳もなく、私は、そうそうに、その場を離脱した。 そう言えば、がきんちょの頃、訳も分からず、菱形に、赤い「S」マーク入りの、派手なランニング・シャツを、着せられてたなあ、と思いつつ。 あれが、何のロゴかを知ったのは、確か、友達に「スーパーメン!」、「スーパーメン!」と、周回しながら指摘されてからだったっけ、と、思いつつ。 …………どうやら、「インター・ポーレル」から、スカウトが来るのは、当分、先のようである。(完) 追記:本当に、この記事に登場するお名前の方が読んでおられたら、すみません。フィクションとして、さらりとスルーして頂ければ、幸いです。m(__)m

澤木遠海さん(@kazuchiokami)がシェアした投稿 -

スポンサーサイト

コメント

1. マジですか・・・・・・(^^ゞ


あのー、これは、すごく、蛇足なのですが、これを書いた二日後にですね、全く意識せず、本物のでかい「草スキー場」を訪れることになり、三日後には、バス停の時間待ちで、近くに「新装開店」の「インド料理屋さん」があったため、店員さんがドアから出てきたのを見計らって、中を覗いたら、例の「S」マークTシャツを着た方が、テーブルに着いて新聞読んでました。(*゜∀゜)

・・・・・・あの「スーパーメン」シャツって、まだ売ってるんだ、と、驚きました(゜Д゜)(そこかい!(^^ゞ)

なんだか、何かが、万事、整えて下さっているような、「劇中劇」みたいな、不思議な感じですねー(*^_^*)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

okamikazuchi

Author:okamikazuchi
FC2ブログへようこそ!

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。