FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒナータフ通信#82 「火星周回軌道、250kmより」 ...

ヒナータフ通信#82 「火星周回軌道、250kmより」 「地上で、この放送を聴いている人、いますか。わたくしは、人類初の宇宙飛行士です。 たった今、人類は初めて、星の世界へ足を踏み入れました。海や山がそうであったように、嘗て神の領域だったこの空間も、これからは、人間の活動の舞台として、いつでも来れる、下らない場所となるでしょう。 地上を汚し、空を汚し、更に新しい土地を求めて、宇宙へ出て行く。人類の領域は、どこまで広がることが、許されているのでしょうか。 どうか、この放送を聴いている人、お願いです。どのような方法でも構いません。人間が、ここへ到達したことに、感謝の祈りを捧げて下さい。 どうか、お許しと哀れみを。我々の進む先に、暗闇を置かないで下さい。罪深い歴史のその果てに、揺るぎない一つの星を与えておいて下さい。」 映画<オネアミスの翼-王立宇宙軍->(©️GAINAX 監督・脚本・山賀博之)から、宇宙飛行士「シロツグ・ラーダット」が、衛星より、極超短波放送に乗せて語った台詞より。(参照HP→「アニメと漫画の名言集」http://meigen.dancing-dool.com) 人類初の、有人火星探査機に、搭乗した宇宙飛行士は、もしかすると、そんな感慨を、抱くのかもしれない。……その時まで、まだ、「あれば」、の話だが。そうあるよう、できることは、する。出来ないことは、しない。差し当たり、花に水をあげよう。コーヒーを飲もう。そして、今日は、もう寝よう。おやすみなさい。そいぎんた! c.f. この台詞がどんな文脈で語られるのか、気になる方は、映画のDVDで観てね。とても面白い、お勧めの作品です^_^

澤木遠海さん(@kazuchiokami)がシェアした投稿 -

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

okamikazuchi

Author:okamikazuchi
FC2ブログへようこそ!

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。